スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年分の幸せを





羽鳥湖レジーナの森の大型犬用のドックランで小さく遊ぶ
なっちゃんとジーナでしたが、





お友達ができたりしました





まってー





6歳のソラ君。





控えめないいこ




それいい





なぜかソラ君のママと走る控えめじゃないジーナ、





やっと大型犬用のドックランをフル活用できた模様。





かりた





ジーナのゴールデンレトリバーっぽい「とってきて!」「とってきた!」に
大喜びのソラ君ママ





よくやった!いい仕事したぞ、ジーナ!




ソラ君もお泊まりのようなので「また遊びましょうね♪」で解散しました。





まだねすい





次の日、



いつも通り朝からゆっくりななっちゃん。



と、いつも通り朝から元気モリモリなジーナ。



ソラ君が遊びに来てくれました!




おはよ





仲良くなったソラ君のパパとママが




「実はこの子、被災犬なんです。」



何年も繋がれたまま生活していて、震災の時に狭い檻に入れられて
飼い主不在で置き去りになってたとの事。


「1年前からうちの子になったの」


最初は人間不信になっていて、触れる事もできなくなっていたようです。


今こうして服を着て、他のワンちゃんと遊べるようになったのも嘘のようと言って
いました。



何も知らないでソラ君の様子を見ていると、6年愛情たっぷりで育ったんだね!
と思うようないいこ。



そんな辛い過去があったなんてね。



コナに生きてほしくて、うんと泣いた私にはソラ君の元飼い主さんの
気持ちなんてわからない。



私がうんと泣いた日にも、ソラ君は繋がれたまま放置されていたなんて・・・。



げんきでね




これから辛かった5年分の幸せを優しいパパとママと一緒にね




元気でね!ソラ君!




また会おうね!




















コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。